PCパーツの選び方のテクニックあるの?

パソコンを自作する際、PCパーツを選ぶ時間が非常に楽しいものです。
パソコンを自作する上で絶対に必要なのがCPU、マザーボード、メモリ、HDD、ビデオボード、サウンドボード・・・といったパーツです。
メインメモリは、パソコンが処理している情報を一時的に記憶しておくためのパーツです。
パソコンの能力を表示するときに「メインメモリ△Ghz」などと表示されています。
もちろん、数字が高い方が高性能ですが、CPUの処理能力を上回るメモリを搭載しても無駄な投資になってしまいます。
メモリが一時的な情報保管であるのに対して、こちらは長期保管です。
どんなパーツも、自分のパソコン用途と照らし合わせながら取捨選択するのが賢いパーツの選び方なのです。
激安パソコンショップどこがおすすめ?中古・自作【比較ランキング】